安心のintelが地に落ちた

 うちのCentOSサーバーは4月に購入したi7-7700Kのサイコムのマシンなんですが、またまたトラブルです。
 このマシン、今は解決しましたがintel SSD 600pにXFSで確保するとファイルシステム壊れる問題から始まって、これは解決していませんがprime95でAVXが有効だと再起動する問題などあり、まだ購入して1年たってないのに今度は急にシャットダウンする現象が出てきました。
 24時間電源いれっぱなしなんですが、最近になって気づくと電源が落ちています。memtest86+など実行してもエラーはなく、Linux上のログにも残っていません。24時間もたない感じですね。寒くなってきてからのところも不思議です。オーバークロックなどせず、デフォルト設定で運転しているのですが。
 マシンを数時間フルに動作させても電源が落ちないので致命的な故障ではないと思うのですがどうも不安定です。とりあえずUEFIの設定項目でOver Temperature Protectionがそれっぽいのでこれを無効化して様子を見ようと思います。

追記

 この設定の無効化ですが、結果、問題は解決しませんでした。マシンテストの件はまた後日にまとめます。