夏が終わってCPUクーラーを交換

 うちのRyzenマシンでCPUを5800Xに交換したPCですがCPUクーラーは3700Xを使っていたころからの流用でサイズの忍者SCNJ-5000を使っていました。負荷をかけたときにクロックが4000GHz前後で温度が85℃ぐらいとなります。最大ブースト・クロックが4.7GHzとのことですからひょっとして冷却が足りてないのかもと思いながらこの夏を過ごした感じです。
 1年前に発売された12cmファン空冷のDeepCool AK620が評判のよさが流れてきて気になっていたので7月のセールのとき、6900円ちょっとで購入していました。

 今確認すると1000円ぐらい値上がっているんですね。円安よ。
 購入前にひとつ懸念点がありまして、使っているPCケースがVersa H18で仕様上、CPUクーラーの搭載可能サイズが155mmになっているところ、AK620の寸法は160mmで数値上は干渉するようになっていました。最悪ケース開けっ放しでもいいやと思っていたところ取り付けてみてギリギリ干渉なしです。ケースを横から見ると2、3mm飛び出ているのですが、ケースの板厚とアクリル窓のおかげで隙間ができているようです。アクリルを押すとクーラーに接触するのでホントに1mmぐらの隙間。
 で交換した結果、CPU温度は変わらず、クロックも同様な結果となりました。空冷ではこのへんが限界のようです。CPUクーラーの交換に効果はなかったですが忍者は2年間使ったのでじゅうぶん働いてくれたと思ってAK620を使い続けようと思います。

LEDシーリングライトに取り替えた

 うちの部屋照明は丸型蛍光灯のシーリングライトでスリムタイプの20形と34形を使ったものです。もう8年ぐらい蛍光灯を交換しておらず、明るさが足りなくなってきたような気がするので交換を考えていました。
 1台あたり20と34形の蛍光灯はあわせて3500円を超えてきます。あまり使っていない部屋のも含めて4台全部交換すると結構な値段です。ここでふとLEDのシーリングライトはどのぐらいで売っているんだろうと調べるとアマゾンのランキング1位の機能最小限のスタンダードな8畳向けのものがセールで4230円で売ってました。

 蛍光灯を交換する料金と数百円しか変わらないなら、新品のLEDライトを買うでしょと、家にある全数を交換することにしました。ところが合計4台をアマゾンで注文したところ決裁の時点で個数制限にひっかかって3台しか購入できませんでした。こちらはもうすでにprime会員の特典ポイント目当てで、あらかじめアマゾンギフトで台数分入金して出費しているのに。数量限定なら決裁時じゃなくカートへ入れる前に警告してほしい。
 まあしかたないので注文可能な3台を注文して届きました。交換は今ある蛍光灯のシーリングライトを外して新しいLEDのを取り付けるだけで1台あたり10分もかかりません。
 明るさは驚くぐらい明るくなりました。テレビ付近の照明では明るすぎるので暗めに調節するぐらいです。全灯では青みがった白色となります。普段は壁スイッチでON、OFFするのですが、OFF前の状態を覚えています。つまり常夜灯でOFFにして次にONにしたときも常夜灯のままです。今までのが覚えずに壁スイッチOFF後のONは常に全灯になるタイプでしたので、ちょっと戸惑いますがすぐになれるでしょう。まあ総じて4000円台という価格から満足です。
 4台ほしかったのに個数制限で3台しか買えなかった問題ですがセール終了後4980円になった時点で制限が解除されて購入できました。遅れて届いてこれも交換完了です。

11月のコミック新刊購入予定

 来月のコミック新刊購入予定です。

夏の終わりと物語の終わり

 ヨドバシカメラから届きました。

  • 熊倉献「ブランクスペース」3巻 ブランクスペース (3) (ヒーローズコミックス ふらっと)

 完結。それぞれの人の思い、物語がつまった内容でした。マンガ表現としてもすごいです。最終話、詩的で叙情的に迎えてラスト数ページには鳥肌モノでしたよ。すばらしい。